中外製薬のメディカルアフェアーズ求人

メディカルアフェアーズTOP >> 人気企業 >> 中外製薬のメディカルアフェアーズ求人

中外製薬のメディカルアフェアーズ求人

メディカルアフェアーズという仕事は、日本では最近までそれほど認知度が高くなく、MRと同じように見られていた状況が続いていました。しかし、外資系の製薬会社がメディカルアフェアーズ専門部署を設置するなどの動きを見せ、日本国内においてもこの部署の大切さが認知されるようになっています。そのため、大手の製薬会社でメディカルアフェアーズに特化した部門を設置することが増え、中外製薬でも2014年にメディカルアフェアーズ部署を設けています。

当初は、MRからメディカルアフェアーズに移行するという形を採っていて、100人ほどがこの部門に配属されました。その後は、MRからの移行だけでなく、新規採用なども行われるようになり、様々な人材が入るようになっています。当然、メディカルアフェアーズとしての実務経験をすでに持っている薬剤師や医師などが、中途採用という形で転職してくるケースもありますし、新卒採用もあります。

そのため、この分野における仕事を探しているのであれば、新卒でも中途採用でもチャンスを逃すことなくチャレンジしてみると良いでしょう。中外製薬では、他の一般的な製薬会社よりも大きめの部署を設けていますので、それだけ採用枠が広くなり、可能性が高くなることが考えられます。日本を代表する大手の製薬会社ということもあり、業務範囲も広くそれぞれが持つスキルや実務経験を活かしやすいというメリットがあります。

中外製薬の雇用条件はとても良く、製薬業界の中でも年収平均が高めに設定されています。福利厚生の制度もしっかりとしていて、快適な環境で仕事を長く続けられるという利点があります。メディカルアフェアーズとしての雇用ですので、やはり薬剤師などの専門資格を持っていることに加えて、博士や修士として研究を行ってきたという実績があると採用に有利になります。

特に中途採用の場合は、今まで積み上げてきた実績や持っているスキルが採用の可否に大きく関わりますので、転職活動をする時には、効果的に自己PRができるように対策を練るようにしましょう。短い時間での面接で、いかに人事担当者に深い印象を与えられるかによって採用の確率が多く変わりますので、事前に入念に面接対策をすることも重要です。中外製薬のメディカルアフェアーズ部門は、比較的歴史が浅いところですので、しっかりとした経験を持つ人材を必要としていて、実績のある人であれば十分にチャンスがあります。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.