メディカルアフェアーズに求められるスキル

メディカルアフェアーズTOP >> 基礎 >> メディカルアフェアーズに求められるスキル

メディカルアフェアーズに求められるスキル

メディカルアフェアーズの仕事は、研究や分析業務に関わるものが多くなっています。世に出ている医薬品の治験作業を、承認前の治験とは異なる観点で行ったり、実際に使用されている現場の中で新たな薬の効果を探ったりします。そのため、その仕事の多くは地道にデータを重ねていくという業務となります。

こうしたことから、メディカルアフェアーズには今までとは異なる観点で物事を把握して、研究を進めていく力が求められます。そのため、大学や大学院で研究に打ち込んでいたり、以前に製薬会社で研究開発に携わっていたという実績は大きな力となり、その経験に裏打ちされたスキルは製薬会社にとってとても貴重なものとなります。

また、メディカルアフェアーズは単にデータを集めて分析するだけでなく、それをすでに市販されている薬の価値を高めるものとして利用する必要があります。新たな効果を示すデータを分かりやすくまとめ、販促用プレゼンテーションとして公表することも重要な仕事となっています。資料を作成した後は、自ら大学病院や一般の医療機関におもむきその説明をすることもあるでしょう。こうしたことから、営業もしくは広報、販売企画関連のスキルもあるとより効果的に業務を進めていくことができるでしょう。

まとめた医薬品に関するデータは、医療機関などに渡すだけでなく、医療上重要な資料ともなりえるので、学会で論文として発表する機会が生じることもあります。そのため、メディカルアフェアーズという立場で論文を作成することが求められるシーンもあるでしょう。こうしたことから、的確にデータをまとめて分かりやすく、論理的な論文を作成できる能力があると高く評価されます。実際に、製薬会社がメディカルアフェアーズを採用する際に、今まで書いた論文の提出を求めることもあり、会社によっては論文作成能力がとても重視されることがあります。

現在、開発された新薬は一つの国だけでなく、世界中で販売されるのが一般的です。そのため、医薬品に関するエビデンスを提出して、その価値を高めるという仕事は、日本国内だけに向けられたものではありません。これは、メディカルアフェアーズがまとめる資料が、日本語だけでなく英語でも作成してそれを発表する必要があることを示しています。実際に、メディカルアフェアーズを積極的に採用しているのは外資系の製薬会社ですので、英語のスキルはメディカルアフェアーズにとって非常に重要なものとなっています。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.