メディカルアフェアーズとしての転職に役立つ資格

メディカルアフェアーズTOP >> 基礎 >> メディカルアフェアーズとしての転職に役立つ資格

メディカルアフェアーズとしての転職に役立つ資格はある?

メディカルアフェアーズは、製薬会社において分析や研究、販促に関する提案などを行ったりする部署です。そのため、医薬品に関する高度で総合的な知識を持っていることが必須となります。メディカルアフェアーズは、有資格者でないとできない独占業務ではありませんので、特に資格が必要となるわけではありませんが、薬品に関するスキルがあれば、転職には有利に働くでしょう。

やはり、製薬関連の業務ということで、薬剤師の資格を持っていると、そのスキルと能力がはっきりと目に見える形で理解できますので、転職にはとても有利になるでしょう。また、製薬会社では、医師免許を持っている人を、メディカルアフェアーズとして迎えるケースも多くなっています。日本ではそれほどメディカルアフェアーズという仕事に重要度が置かれていなかったということもあり、あまり多くの医師が働いているわけではありませんが、外資系製薬会社を中心に、医師を雇用する動きが強まっていますので、今後さらに医師のメディカルアフェアーズとしての雇用が多くなることでしょう。

このように、薬剤師もしくは医師としての資格を持っていることが、メディカルアフェアーズとして転職するために重要になります。しかし、薬剤師の資格を持っていれば、誰でもなれるという仕事ではなく、研究関連の高いスキルを持っていることが重要になります。そこで、メディカルアフェアーズに関連した認定資格を取るという方法があります。これは国家資格ではありませんが、メディカルアフェアーズとしてのスキルを証明するものですので、転職の際には有利に働くでしょう。

メディカルアフェアーズとして活躍するためには、実務経験と実績が必要となってきます。特に、転職する薬剤師は、その分野でのアピールポイントを持っていることが重要になります。そこで、より良い条件で転職を果たすために、まずは実務経験を中小企業でも構わないので積むことが必須となります。そして、そこで何らかのプロジェクトに携わったという実績を残すことで、転職の際に効果的なアピールができるでしょう。

製薬会社がメディカルアフェアーズに求めるものは、目に見える形での実績ですので、転職活動を行う際にいかに今までの実績を分かってもらうかが、採用を左右するカギとなります。職歴の記入や面接時の受け答えなどを、時間をかけてしっかりと準備して、人事担当者に良い印象を持ってもらえるように努力しましょう。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.