メディカルアフェアーズの仕事内容について

メディカルアフェアーズTOP >> 基礎 >> メディカルアフェアーズの仕事内容について

メディカルアフェアーズの仕事内容について

メディカルアフェアーズは、製薬会社で必要とされる仕事で、医師や薬剤師が主にこの業務を行っています。その業務は、市販された医薬品の評価を行い、その価値を高める、そして研究、分析を通じて新しい医薬品の開発を提案するという目的のもとになされます。

主な仕事内容としては、市販されている医薬品に関するデータとそれを証明するエビデンスを集めることから始まります。そのために、臨床試験や患者さんへのインタビューなどを行い、実際に使われている現場で情報を集めていきます。そうして出てきたデータを、より広い範囲で同じ医薬品を使用することができないかを探ったり、販売促進のための資料を作ったりするために利用します。こうすることで、すでに世に出ている医薬品の価値をさらに高め、より多くの人に使ってもらうことができるようになるのです。

また、販売される前の治験ではしっかりと調べられなかったようなことを、市販後により詳細に調べて、その有効性やより効果的に治療に活かせる方法を探るということもなされます。そのため、大規模な追跡調査を行ったり、ラボでの分析業務をしたりして、医薬品の質についての証拠を積み上げていくことになります。そのまとまったデータは、単に保管されて終わるわけではなく、販促用資料にまとめられたり、論文という形で世に送り出されたりして、公表されることになりますので、携わる薬剤師としてもやりがいを感じられる業務となるでしょう。

さらには、市販されている医薬品が病院や個人間で正しく使われているかをチェックするという仕事内容もあります。薬自体に強い効果があったとしても、正しい使用方法が徹底されていないと、その効果が十分に出ないこともありますし、思わぬ副作用が発生してしまうこともあります。それによって、薬へのイメージが下がってしまう結果になりますので、企業としても適正な使用法の下で服用されているかを確認して、もし間違った使用法、もしくは拮抗作用のある他の薬との飲み合わせが生じている場合には、それを正す必要があります。そこで、メディカルアフェアーズが科学的な見地から調査と指導を行うのです。

加えて、メディカルアフェアーズは、マーケットや臨床現場の状況を分析して、どんな薬が新たに求められているかを提案するという業務もあります。こうしたアドバイスを基に、製薬会社が開発を進めるかどうかを決めて、研究がなされていくことになります。企業の道筋を決める一端にあずかることができますので、大きな充実感を持ちながら仕事を楽しめるでしょう。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.