メディカルアフェアーズの認定試験とは

メディカルアフェアーズTOP >> 基礎 >> メディカルアフェアーズの認定試験とは

メディカルアフェアーズの認定試験とは

メディカルアフェアーズとして働くためには、特に必要な資格というのは存在せず、研究に関する能力と実績があれば、原則として誰でも行うことができます。実際に、化学系の研究を大学や大学院で行ってきたものの、その分野における資格を持っていない人がメディカルアフェアーズとして活躍しているケースはたくさんあります。しかし、転職をする際に、自分の能力を証明するために、なんらかの資格を持っていると有利に働くことは間違いありません。

そのため、多くの製薬会社では、医師もしくは薬剤師の資格を持っている人に限定して採用を行っているか、少なくとも優先的に採用している状況です。科学的な見地から、また臨床を知っているプロとして即戦力として活躍できますので、企業としても雇用しやすいのです。しかし、メディカルアフェアーズの仕事は、一般的な医師や薬剤師の業務とは異なりますので、薬剤師であれば誰でもできるというわけではありません。

こうしたことから、メディカルアフェアーズという業務に関するスキルを持っていることを証明するために、認定試験制度が設けられています。この認定試験は、国家試験ではなく、あくまで民間団体が行っているものですが、メディカルアフェアーズに必要とされる知識や判断能力を客観的に評価することができますので、転職をする際に有利に働くことでしょう。

具体的には、メディカルアフェアーズエキスパート研修講座というものを受けて、研修終了後認定試験に受かれば、十分な知識と対応能力を持つものとして認められることになります。ある程度現場を知っている人向けの研修講座ですので、より実践的なスキルを身に付けられるのが特徴となっています。それで、この認定資格を持っていると、企業側としても、すぐに使える人材だなということを理解できますので、採用に積極的になります。

他にもメディカルアフェアーズに関連して、薬害教育に関する認定資格や、品質管理に携わるエキスパートとしての研修講座が設けられています。メディカルアフェアーズという仕事は、製薬会社ごとに業務内容の範囲が異なりますし、より総合的なスキルを持っていることで、違った観点から研究ができるようになります。関連する様々な認定資格を持っていると、採用に有利に働くでしょう。転職活動をする際にも、自己PRの良い材料となりますので、人事担当者に良い印象を与えることになり、結果的に認定試験を受けて損はないと言えるでしょう。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.