医療機器業界のメディカルアフェアーズ求人

メディカルアフェアーズTOP >> 基礎 >> 医療機器業界のメディカルアフェアーズ求人

医療機器業界のメディカルアフェアーズ求人

メディカルアフェアーズの求人は、主に製薬会社から来ます。その仕事内容は、医薬品に関する追加調査を行い、その有効性や新しい利用法、適正用な使用方法を探るというものだからです。そのため、薬に関する高度な知識を持つ薬剤師が必要とされているのです。しかし、メディカルアフェアーズの仕事は、より広範囲に及ぶこともあり、医薬品だけでなく医療機器に関係する仕事が出てくることもあります。

医療機器業界で求められるメディカルアフェアーズの仕事とは、主に手術支援用の機器や検査機器に関するもので、その正しい使用法を医療機関に周知することや、実際にそれらの医療機器を使用して、どのようなメリットが生まれているかなどを追跡調査するというものです。そのため、新薬の治験と同じように、実際の使用例を細かく検証して様々なデータを集めていきます。

たとえば、特定の検査機器を使用するようになって、通常では発見が難しい病気がどれだけ新たに発見できるようになっているか、患者さんへの検査にかかる負担はどれだけ減ったかなどです。さらには、手術用に用いられる機器を導入することで、どのくらい手術時間や執刀医への負担が減少したか、手術の成功率がどのくらい上昇したかなどをチェックします。こうして生まれたデータを基に、その医療機器のメリットを見つけて、販促に利用できるようにするのです。

また、医師や医療機器業界の動きを把握して、どんな機器が今後必要とされることになるか、国外の事情を調査して、医療機器に関するどんな新しい動きが出ているかなどをまとめるのもメディカルアフェアーズの仕事です。こうした生まれたデータから、新たに開発を進める医療機器の提案を行うのです。会社の進む方向を決めることになる重要な業務ですのでメディカルアフェアーズが担う責任はとても大きなものがあります。

このように、医療機器業界でもメディカルアフェアーズの必要が大きくなっていますが、薬品に関わる仕事は少ないため、薬剤師を対象とした求人はそれほど多くなく、医師や工学技士などがメインとなっています。医療機器の分野でも、薬品に関わる機器を開発している企業では、若干名ではありますが薬剤師の募集をすることもありますので、情報を集めてみると良いでしょう。まずは、薬品関連の機器を開発している企業を調べて、そこで何らかの求人を出していないかをチェックすることで、効率よく転職活動を行えるでしょう。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.