メディカルアフェアーズになるのに英語力は大切?

メディカルアフェアーズTOP >> 基礎 >> メディカルアフェアーズになるのに英語力は大切?

メディカルアフェアーズになるのに英語力は大切?

日本の製薬会社では、まだまだメディカルアフェアーズという仕事の認知度が上がっていません。日本企業がメディカルアフェアーズを採用するようになったのはごく最近ですし、そのための専門部署を設置していないところも多く見られます。メディカルアフェアーズという仕事は、外資系の製薬会社でより重視されていて、薬剤師の採用人数が多いのも、やはり外資系企業ということになります。

こうしたことから、多くの場合、メディカルアフェアーズとして活躍するには、英語力が大切になります。外国で開発された新薬に関するデータや説明は英語で来ることが多いですし、参照するための論文も英語というケースがほとんどです。そして、日本国内でデータを集めたり分析を行ったりしても、そのデータを国外に流すことも多いので、英語に翻訳する必要が出てきます。

もちろん、研究に関する高いスキルを持っていて、英語の翻訳などを専門の翻訳者に依頼するというケースがないわけではありませんが、効率性を考えるとメディカルアフェアーズ自らが行った方が優れていることには間違いありません。そのため、製薬会社としても、研究に関するスキルに加えて英語力を持っている人を優先的に採用する傾向が強くなっています。外資系の製薬会社などでは、応募のための条件として、一定の英語力を挙げているところさえあります。

募集を行っている会社によって、どの程度の英語力を求めているかは異なりますが、多くの場合専門的な学術用語も理解できる、高いレベルの英語スキルが求められます。特に、関連する医薬品についての国外論文を読んで参考にしたり、出来上がった資料を英語に直す必要が生じたりしますので、詳細な点まで正確な英語を操れると業務も円滑に進むでしょう。もちろん、多くの製薬会社では、英語に関する専門のスタッフを抱えていて、確実な対応ができる態勢を整えていますので、完璧な英語力が必要というほどではないケースもあります。

英語力のレベルを示すために、何らかの目に見えるものを持っていると転職活動をする際に有利となることもあります。何らかの資格を持っていることや、実際に英語で作成した論文を提示することができるでしょう。応募条件に具体的な英語力のことが書かれていないとしても、面接の際に聞かれることもありますので、準備しておくといざいという時に役立ちます。少しでも採用の可能性を高めるために、しっかりとした準備を行うようにしましょう。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.