国内製薬会社のメディカルアフェアーズ求人

メディカルアフェアーズTOP >> 基礎 >> 国内製薬会社のメディカルアフェアーズ求人

国内製薬会社のメディカルアフェアーズ求人

メディカルアフェアーズというのは元々日本には無いものでした。それが国内製薬会社に取り入れられ増えていったのは1990年代からのことです。歴史が浅い国内製薬会社でのメディカルアフェアーズの現状は企業ごとに異なっています。メディカルアフェアーズが担っている仕事も、学術情報を取り扱っていた部署と何ら変わらないというところもあれば、臨床研究のデータに基づいた資料を作成しているところ、販売された後の薬の使われ方といって部分に焦点を当ててデータ収集をしているところ、など様々です。

メディカルアフェアーズの仕事は新薬の開発から販売までとても幅広く、どこかに限定するということはできません。その仕事の特徴を分かりやすく表現すると、薬についての正しい知識や情報が医師や患者さんにきちんと届くようにする、と言うことができます。それぞれの企業で担っている仕事は違いますが、メディカルアフェアーズの基本的な仕事というのはここにあるのです。

ただし、国内製薬会社のメディカルアフェアーズはこれから成長して定着していく部分であると言えます。そのため、単に高収入だからということや研究に携わる仕事がしたいということだけでなく、メディカルアフェアーズの概念を定着させるということを考えて将来のビジョンを見据えながら仕事をしていくということが必要になっていきます。

現在でもその重要性が認識されつつある仕事ですが、これから先ますます重要性が増していくことは容易に想像することができます。薬剤師の職場としては圧倒的に割合が低いのが現状ですので、求人を探すのは苦労するかもしれません。しかし転職エージェントを活用すればメディカルアフェアーズの求人も見つけることができます。メディカルアフェアーズの求人は比較的高収入ということもあり、一般に公開されていない非公開求人で出されている可能性もあります。そのため、転職エージェントに登録して紹介を受けるようにするのが近道です。

国内製薬会社ではなかなか根付いていないメディカルアフェアーズですが、今後は絶対に必要になってくる仕事です。そうした意味では今のうちに参入しておくことで多くの経験をすることができ、将来的に大きな活躍ができるだけの実力を身につけることができるようになります。また、国内製薬会社の場合、実力主義・成果主義の外資系と比較して日本人は働きやすいと感じる人が多いものです。そのため、働きやすさと薬剤師としてのキャリアアップ・収入アップを考えた場合、国内製薬会社で働くというのはべストの選択と言えます。


Copyright (C) 2015-2017 メディカルアフェアーズ求人サイト【※薬剤師からの転職が人気!】 All Rights Reserved.